May 31, 2024

Carr Graphic 36th(blog-18) 猫と鼠の殺人/嘲るものの座 / Death Turns the Tables / The Seat of the Scornful(1941)


carr_banner


Death_Turns_the_Tables


(画像をクリックすると大きく見られます)

〈あらすじ〉
「猫が鼠をいたぶるよう」に犯罪者に厳しくあたるアイアトン判事に、娘のコニーが婚約の報告をしてきたことがすべての始まりだった。娘が連れてきた青年モレルはナイトクラブを手掛けているという軽薄そうな男で、判事は男の過去の事件もつかみ金目当てなのだろうと、手切れ金を渡して追い払おうと考えた。その取り引きが行われるはずの晩、判事の屋敷からの助けを求める通話を電話交換手が聞く。関係者が駆け付けるとモレルが頭を撃たれて死んでいた。死体の傍らには、拳銃を手にうなだれる判事の姿があった。
 フェル博士はアイアトン判事と旧知の仲で、チェスをしながら判事が「仮に罪を犯すとするならば……」という話をしたばかりだった。どう見ても事件の第一容疑者となった判事は、なぜそのときの話とはかけ離れた状況に置かれているのか?

〈会員からのコメント〉
 これは一種の不可能犯罪である。だが密室でも人間消失でも足跡の無い殺人でもない。そもそも犯人が仕掛けたトリックではない。不可能を可能にしたのは被害者である。しかも被害者ご本人はそんな自覚は無かったのだ。こんな作品、カー以外に書けるか? 否、書けない。そもそもカー以外にここんな発想は出来ないのである。クイーンやクリスティーにこんな真似は出来ない。したくても出来ないし、したいとも思わないだろう。
 つまり、この作品は典型的な「ジョン・ディクスン・カーの世界」である。【谷口】
---
 創元推理文庫を再読。
 殺人事件の現場にいたのが容疑者一人という設定は『ユダの窓』に似ているが、謎の焦点は「正義を冷徹に執行する判事が殺人を犯したのか?」というもので、不可能興味や怪奇趣味は廃している。人間の性格に起因する謎に男女のメロドラマを絡めて、この時期のカーらしいすっきりした展開だ。
 しかし、意外性を狙った真相は強引すぎて、これまたカーらしい失敗作と言えるだろう。【奥村】
---
 新訳(といってももう四十年も前の訳だが)を読み直して、以前(七十年前の訳)の印象が一新された作品。こんなにすっきりとした面白い話だっけ? 二組のロマンスの進行もカーらしいし、解決編の真犯人とフェル博士との対決も素晴らしいぞ。【沢田】
---
 東京創元社の厚木淳訳を再読。その前はポケミスで、『嘲るものの座』という題名だった。こちらは原題のままのようだが、主人公の判事そのままのようで良いと思う。
 この作品は、訳者は後書きでカーのベスト10に入れても良いと言っているが、再読した中では一番落ちると思う。死体がある部屋に落ちていた砂の謎など、面白いとは思うがいかんせんトリックが、長編を支えるには弱すぎる。中盤過ぎでのプールの場面など、ページ稼ぎの引き延ばしのように見えてしまう。
 あと、最後の真相に至る伏線も不十分で、ほとんどフェル博士の直観のみのようだ。
 この作品からカーに入る人もあまりいないと思うが、やはり30年代の作品から入るのが吉だろう。【角田】
---
 傲岸不遜な判事のキャラクターが大変感じ悪いが、娘の教育には失敗したのではなかろうか? そしてまた、モレルやフレッドに対する見立てが完全に間違っているところも恥ずかしい。要するに本人的には切れ者のつもりだが、すっとこどっこい。カーは嫌な性格の登場人物を描くのが上手である。被害者の行動はありえないようでいて、ごく稀な“本当にあったウソのような話”的な現実味もある。犯罪実話みたいなものがネタ元か? にしてもチューインガムの使い方が凄すぎる。あと、結局ブラック・ジェフという浮浪者はどうなったのか?【青雪】
---
 ギディオン・フェル博士物の14作目の長編。自分が読んだテキストは創元推理文庫『猫と鼠の殺人』(厚木淳訳)。原題は“DEATH TURNS THE TABLE”で巻末の厚木淳のあとがきでは「死は形勢を逆転する」という意味。厳格に被告を断罪する高等法院の判事が、殺人事件の容疑者になる、という立場の逆転劇に相応しい題名だが、あえて別の訳題をつけている。
 判事のバンガローから、助けを求める通報があり、警官が急行すると、判事の娘の婚約者の青年が書斎の電話の傍らで頭を撃たれて死んでいた。その傍らには凶器の銃を手にして、茫然と椅子に腰を下ろしている判事がいた。
 どう考えても判事しか犯人がいない状況だが、フェル博士は意外な犯人を指摘する。予想外の逆転劇が楽しめる、長編である。【廣澤】
---

次回blog掲載は「仮面荘の怪事件/メッキの神像」です。
Continue to ... : The Gilded Man (1942)



crossgully at 20:18|Permalinkclip!Carr Graphic 

May 13, 2024

2023年SRの会ミステリーベスト10

SRマンスリー 453号で発表になりました、2023年のベスト投票結果は
下記の通りです。★453号は5/11に発送しております。

※SRの会では、前年1月から12月に刊行されたミステリを
対象として、毎年2月末前後に、会員による投票を実施しています。
10点満点の平均点方式で、同点の場合は得票数の多い方が
順位が上になります。

【追記】マンスリー発刊後、国内・評論部門ベスト投票にて
集計の不備があったことがわかりました。お詫びして訂正いたします。
正式にはマンスリー次号にてご確認をお願いいたします。2024/05/17


国内部門】 投票数47(8票以上有効)

1位 地雷グリコ  青崎有吾(22票、8.14点)
地雷グリコ (角川書店単行本)


2位 木挽町のあだ討ち  永井紗耶子(15票、7.60点)
木挽町のあだ討ち


3位 エレファントヘッド  白井智之(27票、7.37点)
エレファントヘッド (角川書店単行本)


4位 エフェクトラ  霞 流一(13票、7.31点)
エフェクトラ――紅門福助最厄の事件 (本格ミステリー・ワールド・スペシャル)


5位 可燃物  米澤穂信(31票、7.29点)
可燃物 (文春e-book)


6位 虚構推理短編集 岩永琴子の密室 城平 京(16票、7.25点)
虚構推理短編集 岩永琴子の密室 (講談社タイガ)


7位 あなたが誰かを殺した  東野圭吾(22票、7.09点)
あなたが誰かを殺した


8位 大雑把かつあやふやな怪盗の予告状 倉知 淳(21票、7.05点)
大雑把かつあやふやな怪盗の予告状: 警察庁特殊例外事案専従捜査課事件ファイル (一般書)



9位 やさしい共犯、無欲な泥棒  光原百合(12票、7.000点)
やさしい共犯、無欲な泥棒 珠玉短篇集 (文春文庫 み 34-3)


10位 好きです、死んでください  中村あき(10票、7.000点)
好きです、死んでください


次 アリアドネの声  井上真偽(20票、6.95点)
アリアドネの声 (幻冬舎単行本)



翻訳部門】 投票数48(8票以上有効)

1位 ガラスの橋  R.アーサー(37票、7.54点)
ガラスの橋 ロバート・アーサー自選傑作集 (海外文庫)


2位 禁じられた館  M.エルヴェール&E.ヴィル(36票、7.47点)
禁じられた館 (扶桑社BOOKSミステリー)


3位 怒れる老婦人たち  L.ブルース(8票、7.38点)
怒れる老婦人たち




4位 グレイラットの殺人 M.W.クレイヴン(18票、7.28点)
グレイラットの殺人 ワシントン・ポー (ハヤカワ・ミステリ文庫)


5位 ナイフをひねれば  A.ホロヴィッツ (33票、7.18点)
ナイフをひねれば ホーソーン&ホロヴィッツ・シリーズ (創元推理文庫)


6位 アリス連続殺人  G.マルティネス (14票、7.14点)
アリス連続殺人 (扶桑社BOOKSミステリー)


7位 恐るべき太陽  M.ビュッシ (18票、7.11点)
恐るべき太陽 (集英社文庫)


8位 メグレとマジェスティック・ホテルの地階 
           G.シムノン(14票、7.071点)
メグレとマジェスティック・ホテルの地階〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫 HM 16-5)


9位 死の10パーセント F.ブラウン(15票、7.067点)
死の10パーセント: フレドリック・ブラウン短編傑作選 (創元推理文庫)


10位 処刑台広場の女  M.エドワーズ(24票、7.04点)
処刑台広場の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)


次 愛の終わりは家庭から  C.ワトソン(13票、7.00点)
愛の終わりは家庭から (論創海外ミステリ 298)



評論書・周辺書部門 投票数38(6票以上有効)

1位 ミステリ・ライブラリ・インヴェスティゲーション
       川出正樹(15票、8.27点)
ミステリ・ライブラリ・インヴェスティゲーション: 戦後翻訳ミステリ叢書探訪 (キイ・ライブラリー)


2位 江戸川乱歩年譜集成  中 相作編(7票、8.14点)
江戸川乱歩年譜集成




3位 ミステリ映像の最前線  千街晶之(8票、7.25点)
ミステリ映像の最前線 原作と映像の交叉光線


4位 密室ミステリガイド  飯城勇三(19票、7.11点)
密室ミステリガイド (星海社 e-SHINSHO)


5位 本格ミステリ・エターナル300 探偵小説研究会編・著(8票、6.88点)
本格ミステリ・エターナル300



SRの会

sr5520070318 at 12:28|Permalinkclip!年間ベスト発表 

March 31, 2024

Carr Graphic 34th(blog-17) 連続自殺事件 / The Case of the Constant Suicides (1941)


carr_banner


TheCaseoftheConstantSuicides


(画像をクリックすると大きく見られます)

〈あらすじ〉
 若くして歴史学の教授となったアラン・キャンベルは、キャンベル一族の親族会議に呼び出されて、はじめてスコットランドの地を訪れる。車中で新聞の論敵と鉢合わせる騒ぎがありつつも、ロッホ・ファイン近くの一族の居城シャイラ城に向かった。城には先祖が塔の最上階の部屋から投身した曰く因縁があり、亡くなった先の当主アンガスも、密室状況の同じ部屋から投身したのだ。事件が自殺か他殺かで遺産相続がもめていて、そのための会議なのだという。そして事態を収拾するために犯罪捜査の専門家が招かれてもいた。ギデオン・フェル博士だ。

〈会員からのコメント〉
 テキストは創元推理文庫。三角和代の手になる新訳版。題名も『連続殺人事件』から原題The Case of the Constant Suicidesに忠実な現在のものに変更された。ギデオン・フェル博士物の十三作目である。
 スコットランドの古城の塔から老人が転落死した。部屋は施錠されていたが、老人には自殺をしない理由があった。その死は自殺か他殺か? 事件の鍵を握るのはベッドの下に残された、空のスーツケースであった。
 老人は生命保険に加入していた。その保険金額は莫大なものだった。自殺だと保険金が支払われないため(これが老人は自殺をしない説の有力な根拠となる)、自殺かどうかが焦点となり、フェル博士が招請された。
 スーツケースの中身は、筆者はかつて学年誌でネタばらしをされたが、トリックが分かっていても犯人の尻尾は捕まえられなかった。このあたり犯人の隠し方がカーは実にうまい。
 舞台がスコットランドということで、登場人物らは時折ご当地言葉を口にする。筆者には相槌の言葉の「ほいな」が妙に印象づいた。独特な言い回しをどう日本語化するかは翻訳者が頭を悩ませるところだろう。同時期に読んだ『殺人者と恐喝者』では脇役の医師の口調を長谷川修二は関西弁で訳し、高沢治はべらんめぇ口調にしていたことを思い起こした。
 話がそれたが、本作でもフェル博士は犯人を見逃す。それは老人の一族には最善の選択なのだが、今回の場合は詐欺の片棒を担いだようでもあり、ちょっと釈然としなかった。【廣澤】
---
 創元推理文庫の旧版は『連続殺人事件』という味もそっけもない題名に変えられていた。どうも読者(本を買ってくれる人)に分かり易いようにという意図だったみたいだが、ミステリ的な題名を妙に即物的なものにしてしまったセンスの悪さはどうしようもない。
 それはそれとして、物語冒頭の二人の馴れ初めはカーらしい。ドタバタ喜劇の要素も強く、あの赤新聞の記者はどうなったのかと思う。カーの作品でここまでの「いじられ役」は他にいただろうか?
 事件は一種の密室物と言って良いのだが、それが前面に打ち出されないのは「連続自殺事件」だからだろうか。一応「幽霊」も出て来るけど。それでも、内側から鍵のかかった部屋の窓から飛び降りたというのは、カーが晩年に追求した「謎の墜落死」のテーマに通じるのかもしれない。
 主要登場人物が少ないので犯人の意外性は低い。勘の良い人なら「もうこいつしかないやろ」と思ったかも。
 しかし、それでも良いのである。この作品でもカーは自分の世界を描き切っているのだから。【谷口】
---
 東京創元社の三角和代訳を再読。
 何冊かぶりに、カーがトリックで勝負したような作品。顔半分ふっとんだ幽霊も出てきて(あまり怖くないが)嬉しくなる。
 前半の、誰も近寄れない高塔からの連続飛び降り事件と、後半の密閉されたコテージでの首吊り事件とで、両方とも自殺にしか見えないのだが、なぜか旧訳は『連続殺人事件』というタイトルになっていた。
 前半のトリックは、カーがやらかしたということで有名になったが、作品の中で納得できれば良いと思う(僕は面白いと思った)。後半の密室トリックはシンプルだが、初読時にかなり感心した記憶がある。【角田】
---
 三角和代の新訳で再読。
 初読時の印象はトリックしか記憶に残っていなかったが、カーの魅力が全て詰まった秀作ではないか。
 スコットランドの湖畔の古城という舞台設定、塔の最上階にある鍵のかかった部屋からの転落死という不可能性、事件後に顔が半分吹き飛ばされたハイランドの衣装姿の人物が目撃されるという怪奇性、論敵同士の男女の学者が衝突を繰り返すラブコメ、戦時色を色濃く反映したトリック、酒を飲んでのドタバタ騒ぎ(脳天が吹き飛ぶような密造ウイスキー<キャンベル家の破滅>を飲んでみたい!)、そして意外な犯人。
 これらの要素を含んだストーリーが、この時期のカーらしいすっきりしたテンポで展開していくのだ。しかし、トリックの説明が科学的に正確でないため、傑作になり損ねているのがカーらしい。【奥村】
---
 初期の頃のグルーサムな雰囲気とは異なり、軽快なロマンスが実に楽しい。〈キャンベル家の破滅〉も飲んでみたいものだ。
 本書にも「シャイラ城の怪事件」という学習雑誌付録のリライト版がある。【沢田】
---
 その昔、中学生の頃に読んだ時のタイトルは『連続殺人事件』。あまりにもありふれた箸にも棒にもかからない題名だし、アイザック・アシモフがカーの勘違いであるとメイントリックを否定したこともあって、何だかなあという印象だったが、再読してみるとドタバタ喜劇としてかなり面白い。犯人が幽霊を擬装する動機もからかい半分だし、痛飲して迎えた朝の後悔は、まるっきり映画『ハングオーバー!』。また、ミステリの文脈には全く寄与しない主人公男女の歴史解釈合戦に、その後の歴史小説家としてのカーのこだわりが見えるのも興味深い。【青雪】
---

次回blog掲載は「猫と鼠の殺人/嘲るものの座」です。
Continue to ... : Death Turns the Tables (1941)


crossgully at 19:52|Permalinkclip!Carr Graphic 

January 31, 2024

Carr Graphic 32nd(blog-16) 幽霊屋敷/震えない男 / The Man Who Could Not Shudder (1940)


carr_banner


TheManWhoCouldNotShudder


(画像をクリックすると大きく見られます)

〈あらすじ〉
 エセックス州にあるロングウッド一族が暮らしてきた屋敷が売りに出された。ここには幽霊屋敷の噂がたっていて、ある当主の幽霊が目撃されていたり、老執事が奇怪な死を遂げていたり、最近でも家具が勝手に動いて騒ぎになったという。この屋敷を買った資産家の男が、知人を集めて幽霊パーティを開催するのだと言い出した。そして屋敷で環視状況の射殺事件が起きてしまう。被害者の妻が一部始終を目撃していて、拳銃が空を飛んで夫を撃ったのだと証言した……。

〈会員からのコメント〉
 過去に起きた執事の死亡事件の真相以外はほぼ忘れていたので初読のように楽しめた。しかし、フェル博士はそのほうが正義にかなうとはいえ、真相を闇に葬るのが好きだなあと感心してしまう。某有名作の最後の台詞「未解決」は真似した日本作家もいる。他にも、犯人を罠にかけるのに成功していながら「失敗したと言っておこう」と言って証拠を隠滅してしまうのがあるし。
 何はともあれ、創元推理文庫版の題名は『幽霊屋敷』だが、「幽霊」がそう前面に出てくるわけではないので原題の『震えない男』のほうが良いと思う。
「震えない」というのは元になる昔話も言及されているが、本作では登場人物の1人の「物怖じしない冷徹さ」といった意味で使われている。しかし、その登場人物も戦争だけは怖いようなのだが、物語の締め括りはカーによる強烈な皮肉である。昔話の「震えない男」が最後はどうして「震えた」かを覚えておこう。【谷口】
---
 東京創元社の三角和代訳を再読。初読はポケミスで、『震えない男』というタイトルになっていた(原題はこちら)。創元社の旧版は、古本屋で書影すら見たこともない。
 トリックは初読時に非常に印象に残っていたし、犯人と、ある人物との関係が明らかになる手がかりも、結構覚えていた(カーの別作品でも使われていたと思う)。
 今回改めて気になったのは、マーティン・クラークという敵役の造型の素晴しさだった。彼とフェル博士&エリオット警部が対決する終盤は、カー作品でも屈指の名場面ではないかと感動した。
 エリオット警部も、フェル博士の相棒として存分に個性を発揮しているが、この事件の発生が『緑のカプセルの謎』より前というのは、すっかり忘れていた。【角田】
---
 20年ほど前に村上敏郎訳のポケミス版で読んでいたが、今年4月に刊行された三角和代訳の創元推理文庫版で再読。
 この時期のカーの作品では怪奇趣味は抑えられていたが、本作では怪異現象が起こる幽霊屋敷を舞台に、壁にかかった銃が勝手にジャンプして被害者を撃つという不可解な事件が起きる。しかし、おどろおどろらしさは前面に出さず、複雑な男女の人間関係を軸に話を進めるところが、この時期のカーらしい作品だ。
 トリックは無茶すぎるし、解決で明かされるある容疑者の行動は心理的に不自然だし、本格ミステリとしては問題があるのだが、カー史上最も派手と思われるクライマックスに、面白ければ細かいことはどうでもいいと思った時点で、カーの魔術にかかっているのである。
 あと、原書には現場の見取り図があるようなので、訳書にも載せてほしかった。【奥村】
---
 この頃のカーの作品は、初期作のように怪奇性を強調せず、謎をシンプルに提示することで不可能性を際立たせている。『幽霊屋敷』を題材にしているだけに、いくらでも強調しようとすればできる筈なのだが……。【沢田】
---
 40年代カーは、シンプルな謎と事件を最後に鮮やかに解決するのが特徴と考えるが、本作もその一つではないか。
 本作の舞台となる幽霊屋敷も、黒死荘のようなおどろおどろしさはなく、現代風(当時)の殺人部屋、殺人装置の存在がメインとなって謎解きは進んでいくし、登場人物も少ないことから恋愛関係を背景とした人間模様の読み解きが解決の鍵と思われた。
 端的に言ってしまうと、犯人像は明確すぎるので、単調な進行に苦痛を感じないわけではなかった。
 この本の真骨頂は、機械トリックでも、意外な犯人でもなく、終盤の意外すぎる展開にあるだろう。
 なお、本書は『曲がった蝶番』のラストを想起させ、ちょっとニヤリとする。
 『幽霊屋敷』は、僕がカーを知った頃の創元推理文庫では絶版になっており、なんで復刊しないのか疑問に思っていた。途中で創元社がつぶれたからかなとも思ったが、本書と同年にハヤカワから『震えない男』が出ていたのも関係があるのだろうか。
 版権に絡むいきさつがあるのなら知りたいところでもある。
 新訳版の解説では、代表作でないとか大傑作でないとかしきりに本書が傑作ではないと力説しているが、こういう作品を高く評価しにくいという風潮があるとしたら、そこは変えてほしいと思います。【黒澤】
---
 文字通りの物理トリックはさておき、二転三転する真犯人像が非常に面白い。道義的にはプロバビリティの犯罪を狙った、もしくはあやつりを行った人物が犯人と言っていいが、鉄壁のアリバイがあり…となったところから2年後に明かされる人を食った真相に唖然。さらに危険を避けたがゆえに皮肉な勧善懲悪もなされて読後感も良い。【青雪】
---
 テキストは創元推理文庫。三角和代訳。1959年に創元推理文庫から小林完太郎訳で刊行されたものの新訳版だ。ギデオン・フェル博士物の12作目である。なお、本書は1959年に原題に忠実な『震えない男』の訳題でハヤカワ・ポケット・ミステリから刊行されている(訳者は村崎敏郎)。
 エセックス州にある幽霊屋敷の異名を持つ屋敷ロングウッド・ハウスで、空中に浮かんだ拳銃が火を吹いて被害者を射殺するという殺人事件が発生する。
 その飛び切りの不可能状況の解決策は、実に大がかりなトリックなのだが××(伏せ字)の力がどのように作用して、引金がひかれたのか理解ができないため図解が欲しいところである(また、固定されていない状態で狙い通りに射撃できるのか気になるところだ)。
 こうした幽霊の仕業としか思えない殺人事件に加え、80歳を超えた老執事がシャンデリアからぶら下がって、身体を揺らしているうちに、シャンデリアが落ちて、その下敷きになって死亡した、という謎めいたエピソードも幽霊屋敷の不気味な雰囲気を盛り上げる。
 登場人物の中では、屋敷の持ち主であるマーティン・クラークが印象的だ。「わたしはどんな●●● 危ない真似もしない」とうそぶく場面は小憎らしく、それだけに、それを受けたラストのフェル博士の台詞が効果的なのである。【廣澤】
---

次回blog掲載は「連続自殺事件」です。
Continue to ... : The Case of the Constant Suicides (1941)



crossgully at 20:24|Permalinkclip!Carr Graphic 

November 30, 2023

Carr Graphic 30th(blog-15) 読者よ欺かるるなかれ / The Reader is Warned (1939)


carr_banner


reader_is_warned


(画像をクリックすると大きく見られます)

〈あらすじ〉
『五つの箱の死』事件で活躍したジョン・サーンダーズ博士は、友人の弁護士からあるパーティに招かれた。女流作家のマイナ・コンスタブルが、読心術師を名乗る男ペニイクを見出して、彼の能力を皆で体感するのだという。パーティではペニイクがサーンダーズの思考を言い当てたうえに、会を快く思わないマイナの夫サムに対しては、今晩八時までには死ぬだろうと不気味な予言をした。そして八時、本当にサムはサーンダーズたちの眼前で息絶えてしまう! 捜査をはじめたマスターズ警部らに、ペニイクは自らの霊的能力・テレフォースによる遠隔殺人なのだと不敵に告げた……。


〈会員からのコメント〉
 テキストはハヤカワ・ミステリ文庫。宇野利泰訳。1958年にポケミスで刊行されたものが、44年の時を経て2002年に文庫化されたものである。解説は泡坂妻夫。「名人カー」と題した一文は、奇術師でもあった泡坂なればこその名解説である。
 女流作家マイナ・コンスタブルに招かれた読心術師のペニイクは、マイナの夫サムの死を予言する。そして、予言された時刻にサムは落命し、その死因は解剖をしても不明であった……という、不可能興味に満ちた謎にヘンリー・メリヴェール卿が挑む。
 ペニイクは、自分がテレフォースで殺害したと宣言するが、証拠がないために逮捕はできない。「一体どう結末をつけるの?」という状況をカーは見事に料理してしまうのだ。
 テレフォースによる連続殺人は、英国中に騒動を巻き起こす。そうした騒動が、実はH・M卿がある深謀遠慮をもって巻き起こしたものだったという裏事情には、戦時下という時代の影響を感じた。
 ちなみに、本書は初読だったのだが、最初の被害者の死にざま(手摺に体を預けて痙攣する)に既視感があった。記憶をたどると、どうやら子供の頃に読んだクイズ本で、このトリックに出会っていたようだ。
 ところで、今回の原稿を書くにあたり、ポケミスも宇野利泰訳なのかを確認しようと思って「ミステリマガジン」の2023年11月号巻末の「ハヤカワ・ミステリ総解説目録」を参照した。そこで本書の内容紹介を読んで驚いた。「1番死にそうもなかった大の男が、ペニイクの予言どおり、時刻もまさに正8時に、背中にナイフを突き立てられて死んでいたのだ」(太字は筆者による)この内容紹介を読んだ当時の読者は、「ほんまに『読者よ欺かるるなかれ』やな」と思ったことでしょう。【廣澤】
---
 読心術者による予言&遠隔殺人というオカルト趣味に満ちた不可能犯罪物だが、おどろおどろらしさはなく名探偵対超能力者物として楽しめた。
 ところどころ差し挟まれるサーンダーズ博士による警告や、B級怪奇SF映画っぽい煽りでテレフォース殺人を報道する新聞記事など、カーの筆致もノリに乗っている。
 強烈な不可能興味に引っ張られて読んでいたが、解決を読んで本作の意外な趣向に驚くこととなった。【奥村】
---
 ポケミスの宇野利泰訳を再読。
 一番の読み処は、死因不明のトリックなのだろうが、初読時には犯人の正体にびっくりした記憶がある。
 読み直してみると、これだけ少ない容疑者の中から、犯人を隠すために、作者はあの手この手を使っているのが伺えた。例えば、主人公を『五つの箱の死』に登場したサーンダーズ博士にしたことも効いているし、H・Mのある発言も目晦ましになっている。
 そして、ラストのH・Mの言う警句は、SNSのフェイク動画やデマに振り回される現代にこそ刺さる気がする。【角田】
---
 念力による遠隔殺人という一種の不可能犯罪物だが、それに動機の謎も絡む。H・Mの予測が外れて安全なはずの人物が殺されてしまうという展開もユニークだ。
 謎が解けてみると答はずーっと読者の目の前にあったことが分かる。まさに「読者よ欺かるるなかれ」なのだな。
 題名の直訳は「読者は警告されている」で、これは作中に「原註」として三回出て来るジョン・サンダースによるコメントの「決め台詞」のようなもの。これは後年の『九つの答』にも通じる趣向だろう。【谷口】
---
 ところどころに挿入される、作者から読者への注意喚起が、本格探偵小説作家としての腕の見せ所である。本書では、まだ恐る恐るという感じだが、この趣向は、後年、『九つの答』となって結実する。【沢田】
---
 タイトルのインパクトが強烈で、カーの中でいちばん好きかも。おどろおどろしく因縁めいたオカルト趣味ではなく、怪しげな読心術師による超能力=思念放射(テレフォース)の殺人というテーマも泥臭くないし、当時の最先端メディアであるラジオを演出に使うのもモダン。あと、女性作家のネタ帳的なものはカーも作っている筈で、創作の一端が見えるのも興味深い。犯人がべらべら真相を語りだすクライマックスはどうかと思うが、デュマを引き合いに出してペニイクのコンプレックスを語るところは説得力がある。また、犯人の独白だけでは犯行方法が明らかにならず、H・Mの独壇場となる最終章の最後の最後を、人々が不確かな情報やトンデモ科学に踊らされることへの教訓で〆るあたり、全くもって現代に通じているのでは。【青雪】
---

次回blog掲載は「幽霊屋敷/震えない男」です。
Continue to ... : The Man Who Could Not Shudder (1940)

crossgully at 21:28|Permalinkclip!Carr Graphic 

September 30, 2023

Carr Graphic 28th(blog-14) エレヴェーター殺人事件 / Drop to His Death (1939)


carr_banner


DropToHisDeath


(画像をクリックすると大きく見られます)

〈あらすじ〉
 警察医グラスは、久しぶりに連絡をよこしてきた知人レスターをたずねて、彼が〈探偵小説部〉部長を勤めるタラント出版社のビルへおもむく。出版社では社内で起きた盗難事件が話題で、ワンマン社長のアーネスト・タラント卿がホーンビーム首席警部に捜査を依頼したのだと息巻いていた。そのタラント卿がエレヴェーターで階下に向かおうとしたとき、銃声が聞こえる。グラスが慌ててエレヴェーターを追って階段を駆け下りると、一階で目にしたのは、密室のエレヴェーター内で射殺されたタラント卿だった。もちろん犯人の姿は無く……。

〈会員からのコメント〉
 共作とはいえ、実際にはほとんどカーが書いたようだが、ホレイショ・グラス医師とデイヴィッド・ホーンビーム警部の二人による推理合戦の部分にロードの影響が感じられる。そのあたりを見極めるためにも、ジョン・ロード作品の紹介がもっと進んでほしいぞ。【沢田】
---
 昭和時代の初読以来の再読だが、記憶していたよりも面白かった。
 機械トリックだと分かっているのに誰もそれを仕掛けることが出来ないというのは秀逸ではないか。しかしまあ、大したトリックでもないのかもしれない。
 全体としては定石通りのオーソドックスな本格物で、最後まで安心して読めた。人によっては「小粒だ」と言うかもしれないが、近年流行りの特殊設定物に食傷気味の身としては何かこう、読んでホッとするものを感じたのである。
 合作の分担はカーがトリックを出してロードが書いたのか、その逆かは翻訳で読んだので分からない。原書ではどうなのかな。トリックやプロットは二人で相談して決められても、実際に小説を書いたのはどちらか一人のはずなのだが、このあたりは、どなたか原書で読んだ人のご意見を待つことにする。【谷口】
---
 ポケミスの中桐雅夫訳を読了。
 カーの中でも、数少ない文庫化されていない作品で、世評はあまり高くないかもしれないが、かなりのお気に入りである。
 エレヴェーター内での密室殺人に対して、四つの多重解決が提示される。最後に示されるのが真相なのだが、それ以前の解答もかなり奇抜なもので、むしろそちらが本命でもよいくらいだった。
 そして何と言っても、探偵役のホーンビーム主席警部とグラス医師のキャラの作り込みが半端ではない。グラス医師は、ある事件で十六通りの解決を示してホーンビームを発狂させそうになったそうだ。無論、本作でも真相以外の三つの解決は、グラスが推理している。
 この二人、僅か一作だけでの活躍は本当に勿体ないので、誰かオマージュを書いてくれないだろうか。【角田】
---
 この作品は、ロードとの合作だが、メイントリックをカーがロードに相談したということらしい。カーのほうが後輩だし、ほとんどカーが書いたみたいだったので、第二作はでなかったのか。正直、エレベータのトリックよりも探偵役を務める警察医と主席警部のやり取りが面白い。特に推理をこじらせて常に間違えてきた警察医グラスは一冊で消すのはもったいない。
 なお、今年出たトム・ミードの「死と奇術師」は1930年代オマージュのミステリだが、エレベータの密室トリックを扱っている。この作品を意識したのか、この年代に電動式エレベータが普及したのか。動く密室は魅力的ではあるものね。【黒澤】
---
 被害者以外に誰も乗っていないエレヴェーターで起きた射殺事件。訳文の古さもあって、読みやすくはないが、機械的トリックとそれを隠す心理的トリックの組合せの妙に感心。犯人のさりげない一言が動機を示唆していたという種明かしも面白い。あと、エレヴェーターの速度を算出する場面で、探偵役が吐く数学に対する呪詛は笑える(いつでも数学ときたら、同じ線路の上で、二台の列車を衝突させたり、あわれな男が水桶に水を汲み入れている一方、別の男にそれを汲み出させている)が、小学生レベルの算数がわからないことを露呈する探偵役ってのも前代未聞では?【青雪】
---
 衆人環視のエレヴェーター内で起こった姿なき殺人者による射殺事件。怪奇趣味はなくシンプルな不可能状況の設定。犯行現場は出版社の社屋、事件関係者も出版社の社員ばかりということもあり、全般的に都会的な雰囲気。ジョン・ロードとの合作のためか、カーらしいあくの強さがない。
 探偵役を務めるホーンビーム主席警部と警察医のグラスのコンビが面白い。証拠重視のホーンビームに対し、いくつもの仮説を次々と考えつくグラス。どちらが名探偵でどちらがワトソンなのか。本筋の謎よりも、こちらの謎が気になったくらいだ。二人がエレヴェーターに閉じ込められて危機一髪の状況になったときの、二人の丁々発止の掛け合いがスリリングかつユーモラスで、この二人が活躍する作品をもっと読みたいと思った。【奥村】
---

次回blog掲載は「読者よ欺かるるなかれ」です。
Continue to ... : The Reader is Warned (1939)

crossgully at 17:34|Permalinkclip!Carr Graphic 

September 05, 2023

白井智之氏 SRアワード授賞特別例会のお知らせ

『名探偵のいけにえ』がSRの会「2022年国内ミステリ部門ベスト1」に輝いたことを受け、作者の白井智之氏をお招きして、SRアワード授賞特別例会を行います。
下記をご参照の上、皆様ぜひご参加ください。

トロフィー贈呈式、インタビュー、質疑応答、サイン会を予定しています。なお、インタビューや質疑応答では『名探偵のいけにえ』の内容に触れますのでご承知おきください。

★開催要領
日時: 9月23日(土)13時30分〜16時30分
場所:都内 ※詳細はお申込みいただいた方にご連絡します
参加費:SR会員の方:1,000円、
  会員外の方:当日ご入会扱いにて、SRの会 年会費をお願い致します。
       (追加の参加費用は発生致しません)
申込締め切り:9/22(土)

★お問い合わせ・参加希望の方は、担当の佐竹
h.satake1704★gmail.com (★を@に変換してください)
宛に、メールでのご連絡をお願いいたします。
※SR会員の方はその旨もお書き添えください。


dardano_sataque at 00:42|Permalinkclip!お知らせ 

July 31, 2023

Carr Graphic 26th(blog-13) 五つの箱の死 / Death in Five Boxes(1938)


carr_banner


Death in Five Boxes


(画像をクリックすると大きく見られます)

〈あらすじ〉
 夜道を帰宅中のサンダース医師が、マーシャと名乗る女性に声をかけられた。最近の父の素振りが心配で、父が向かったあるフラットへ同行してほしいという。サンダースは向かった先の部屋で、マーシャの父を含めた四人が毒に痺れているのを見つける。そのうち一人は刺されてもいた。はたしてこの部屋で何が起きていたのか? サンダースはマスターズ首席警部とH・M卿に助けを求めるが、マーシャの父が身につけていた四つの時計、弁護士事務所から盗まれた謎の五つの箱、不可解な状況はなおも続いて……。

〈会員からのコメント〉
 夜のロンドン、医学者が若い女に呼び止められ、連れて行かれた家で次々と奇妙な状況に遭遇する展開は、カーの作品でもトップクラスの面白さ。シンプルな毒殺トリックを犯人特定のロジックに絡める手腕も素晴らしい。狙いすぎて外してしまった真相もカーらしさが楽しめる。
 ポケミスを再読したのだが、横溝正史と親しかった西田政治の訳で読むことに感慨深いものがあった。【奥村】
---
 密室ではないが十分不可解な状況下にある殺人現場が出て来る。全体を支えているのはミスディレクションなのだが、最後にちょっと意外な部分があって、HMが活躍しなくても事件は解決していたことが分かる。これはさりげない皮肉ではないかな。【谷口】
---
 国書刊行会「奇想天外の本棚」の白須清美訳(新訳版)を読了。
 東京創元社や早川書房から新訳が出る当てがない中、よくぞ新訳で刊行してくれました。
 旧訳と比べると、主人公のサンダースやヒロインのマーシャが、若くて溌溂としている印象を受ける。旧訳では二人とも、中年のカップルのように感じたが、今回の訳では年相応(マーシャは二一才)の若さだった。
 ミステリとしては、メインのトリックがあまりにも有名(常識?)になってしまった感があるが、幸い初読時には全く見抜けずに感心した覚えがある。
 逆にカーの意図した「離れ業」には気付かなくて、容疑者があまりに少ないため、犯人は意外には思わなかった。【角田】
---
 同時期に毒殺ミステリ、意外な犯人という趣向が重なる作品を書いてしまうのは、別名義という安心感(と言っていいかどうか)があったためだろうか。こちらの犯人は、カー全作の中でも相当に意外ではないか。
 西田政治訳と白須清美訳を、続けて読んだが、最後のシーンは、白須訳の方がはっきりしている。【沢田】
---
 意外と旧訳は読みやすい。本書は、あのトリックは別として、『死者はよみがえる』と同様に、意外な犯人に全振りした印象。カー全盛期のゴテゴテ感が好印象です。【黒澤】
---

次回blog掲載は「エレヴェーター殺人事件」です。
Continue to ... : Drop to His Death (1939)


crossgully at 21:55|Permalinkclip!Carr Graphic 

May 31, 2023

Carr Graphic 24th(blog-12) 死者はよみがえる / To Wake The Dead(1938)


carr_banner


ToWakeTheDead


(画像をクリックすると大きく見られます)

〈あらすじ〉
 作家ケントは知人の実業家ダンから人生経験の不足を煽られ、かつてダンが経験した、文無しでの南アフリカからイギリスまでの旅を成し遂げられるか賭けをすることになった。三ヶ月の旅ののちイギリスへ帰ったケントは空腹に耐えかねて、偶然拾ったホテルの宿泊者カードで客のふりをしてそのホテルの朝食にありつく。ところが客のふりを続けるうちに案内された客室で、女性の死体を見つけてしまう。なんとか逃げ出したケントはギデオン・フェル博士のもとに駆け込んだ。そしてそこに居合わせたハドリー警視から、死体はケントの親族であること、ケントが旅に出ている間に親族に怪事件が続いていることを聞かされて……。

〈会員からのコメント〉
 テキストは創元推理文庫。三角和代訳の新訳版。
 ギディオン・フェル博士の第八長編は、ホテルで無線飲食に及んだ作家のクリストファー・ケントが事件に巻き込まれる、という『一角獣殺人事件』や『パンチとジュディ』を想起させるファルス的な始まり方をする。
 横溝正史『獄門島』に、カーの作品に影響を受けたと思われるトリックがあると聞いていたのだが、本書を読んで「これだったか!」と納得した。【廣澤】
---
 本書は、個人的に思い入れのある一冊。まだミステリビギナーだった高校時代に、授業中読み終えたら後ろの席の男も同じ本を読んでいた。二人で驚きを共有しましたよ。今読むとご都合主義は否めないが、欠点も愛しく感じられる。
 冒頭から印象的なシーン続出で映像映えしそう。最後の一行が印象的。なお、題名は『死人を起こす』のほうがいいよね。【黒澤】
---
 私はこれは真ん中での「小説的な解決」での猗反有瓩量樵阿函∈埜紊痢嵎莨豈曚靴某びてきた手」で明らかにされる真犯人の名前との趣向での劇的効果でカーの本領を発揮していると思う。
 犯人の「トリック」はかなり大胆な伏線があり、決してアンフェアではない。
 これについて詳しく書こうとすると絶対にネタバレになってしまうので書けない。【谷口】
---
 東京創元社の三角和代訳を読了。
 初読はあかね書房の、少年少女世界推理文学全集に、『魔女のかくれ家』と一緒に収録された『二つの腕輪』だった。読後のがっくり感は今でも覚えていて、短編と言えるぐらいの抄訳に、あの掟破りのトリックをむき出しでぶつけられては、仕方ないなと思う。
 今回読み直してみると、あのトリックもきちんと伏線が張られているし、何といっても犯人の行動に関する「why?」を追及するガチガチの本格ミステリだった。
 あと、少し残念なのは、ロイヤル・スカーレット・ホテルのあるロンドンと、四つの扉荘のあるノースフィールドの位置関係が良く分からなかったこと。随分離れていると思ったのだが、解決を読むと、東京と熱海ぐらいのイメージなのかな。【角田】
---
 ほぼ毎回「〇年ぶりに再読。内容は覚えていなかった」と書いているような気がするが、本作については初読時にトリックが反則級なので印象が悪かったことをよく覚えている。しかし、再読して、手掛かりがちゃんと書かれてるし、トリックの使い方に捻りがあるので、反則どころかフェアだなと感心した。また、このトリックを反則とする某ルールを確認したところ、このルールにも違反していないことが分かった。カーはフェアプレイの作家なのだ。
 本作では『三つの棺』事件と『剣の八』事件への言及がある。カーの作品では過去の事件が引き合いに出されることがあり、フェル博士の事件簿を年代記としてとらえていたようだ。しかし、ロイヤル・スカーレット・ホテルで起こった事件について言及しているのはカーター・ディクスン名義のH・M卿物『赤後家の殺人』であり、注記されている事件の内容も『死者はよみがえる』と異なっているのが面白い。カーもフェル博士の事件をいろいろ構想していたけど、うまくいかなかったんでしょうねえ。【奥村】
---
 犯人の意外性は、カー作品の中でも図抜けているのではないか。それを可能にしているものが、創元推理文庫新訳版の帯の下に、よく見ればひっそりと隠れている。 【沢田】
---
 冒頭の無銭飲食のくだりが大変面白いのだが、それがあっさり終わるのがもったいない。経験など必要ないと言う新進作家のクリスと、必要だと説く年上の友人ダンの丁々発止のやりとりを期待していたのに、事件が始まってからのダンのキャラクターが薄過ぎる。ミステリ的には、見取り図が出て来るホテルとは別の場所での抜け抜けとしたトリックに唖然。読者の盲点をつく意外な犯人とセットになったアリバイトリックでもあるが、今ひとつ具体性が見えないので、絞殺の犯行方法ともども、真相が分かった後に説明図が欲しいところ。タイトルの「死者」が誰なのか? が終盤にならないと明らかにならない、逆フーダニットの様相を呈しているのも面白い。フェル博士とハドリー警視がいつのまにか結託していて、藪から棒な犯人逮捕がアンフェアな感もあるが、登場人物全員が違う相手を疑っていたという告白がなされる最後の場面を踏まえて、誰が誰を疑っていたかを噛み締めながら再読したい。【青雪】
---
 特定の時間、それぞれの登場人物がどこで何をして、何を見ていたかが争点となり、徐々に証言で余白が埋まっていく、カーお得意のミステリ。
 そして真相は、うーん、なるほど。こう来ますか。なんだかなあと思うとともに、非常に驚かされたという気持ちもあります。このトリックとトリックを見破る根拠となる事象の組み合わせは、日本の特定の作品群にも影響を与えてるのではと思ったり。【春鱚】
---

次回blog掲載は「五つの箱の死」です。
Continue to ... : Death in Five Boxes (1938)


crossgully at 21:00|Permalinkclip!Carr Graphic 

May 21, 2023

2022年SRの会ミステリーベスト10

SRマンスリー 447号で発表になりました、2022年のベスト投票結果は
下記の通りです。★447号は5/11に発送しております。

※SRの会では、前年1月から12月に刊行されたミステリを
対象として、毎年2月末前後に、会員による投票を実施しています。
10点満点の平均点方式で、同点の場合は得票数の多い方が
順位が上になります。

国内部門】 投票数48(8票以上有効)

1位 名探偵のいけにえ  白井智之(30票、7.70点)
名探偵のいけにえ―人民教会殺人事件―


2位 方舟  夕木春央(28票、7.50点)
方舟


3位 ダミー・プロット 山沢晴雄(26票、7.35点)
ダミー・プロット 山沢晴雄セレクション (創元推理文庫)


4位 爆弾  呉 勝浩(19票、7.32点)
爆弾


5位 録音された誘拐 阿津川辰海(25票、7.28点)
録音された誘拐


6位 名探偵に甘美なる死を 方丈貴恵(28票、7.25点)
名探偵に甘美なる死を 〈竜泉家の一族〉シリーズ


7位 記憶の中の誘拐   大山誠一郎(38票、7.24点)
記憶の中の誘拐 赤い博物館 (文春文庫)


8位 爆発物処理班の遭遇したスピン 佐藤 究(10票、7.20点)
爆発物処理班の遭遇したスピン


9位 揺籃の都   羽生飛鳥(18票、7.17点)
揺籃の都 平家物語推理抄 (ミステリ・フロンティア)


10位 君のクイズ  小川 哲(12票、7.08点)
君のクイズ


次 密室狂乱時代の殺人  鴨崎暖炉(16票、7.06点)
密室狂乱時代の殺人 絶海の孤島と七つのトリック (宝島社文庫)



翻訳部門】 投票数47(7票以上有効)

1位 ヨーク公階段の謎  H.ウェイド(22票、7.36点)
ヨーク公階段の謎 (論創海外ミステリ 287)


2位 デイヴィッドスン事件  J.ロード(16票、7.31点)
デイヴィッドスン事件 (論創海外ミステリ 282)


3位 キュレーターの殺人 M.W.クレイヴン(18票、7.28点)
キュレーターの殺人 ワシントン・ポー (ハヤカワ・ミステリ文庫)


4位 彼の名はウォルター E.ロッダ(15票、7.27点)
彼の名はウォルター


5位 ロンドン・アイの謎  S.ダウド (22票、7.18点)
ロンドン・アイの謎


6位 黒き荒野の果て S.A.コスビー  (11票、7.091点)
黒き荒野の果て (ハーパーBOOKS)


7位 殺しへのライン A.ホロヴィッツ (35票、7.086点)
殺しへのライン ホーソーン&ホロヴィッツ・シリーズ (創元推理文庫)


8位 われら闇より天を見る C.ウィタカー(16票、7.000点)
われら闇より天を見る


9位 木曜殺人クラブ 二度死んだ男 R.オスマン(7票、7.000点)
木曜殺人クラブ 二度死んだ男 (ハヤカワ・ミステリ)


9位 地獄の門    M.ルヴェル(7票、7.000点)
地獄の門 (白水Uブックス)


9位 獣の遠吠えの謎   N.ヴァンドリ(7票、7.000点)
獣の遠吠えの謎


次 レオ・ブルース短編全集(短)  L.ブルース(30票、6.97点)
レオ・ブルース短編全集 (扶桑社BOOKSミステリー)



評論書・周辺書部門 投票数30(5票以上有効)

1位 海外ミステリ作家スケッチノート
   松坂健(5票、7.80点)
海外ミステリ作家ミステリノート


2位 新本格ミステリはどのようにして生まれてきたのか?
   編集者宇山日出臣追悼文集 太田克史編(8票、7.63点)
新本格ミステリはどのようにして生まれてきたのか? 編集者宇山日出臣追悼文集


3位 シャーロック・ホームズの建築
   北原尚彦・村山隆司(6票、7.50点)
シャーロック・ホームズの建築


4位 西村京太郎の推理世界  文藝春秋編(7票、7.000点)
西村京太郎の推理世界 (文春ムック)


5位 怪異猟奇ミステリー全史  風間賢二(6票、7.000点)
怪異猟奇ミステリー全史(新潮選書)



SRの会

sr5520070318 at 09:18|Permalinkclip!年間ベスト発表